肝機能障害に打ち勝つ!体内正常化で肝臓の負担軽減

笑顔の男性

肝臓の機能を保つために

疲労

脂質やアルコールの摂取量

肝機能障害とは、肝臓の働きが悪くなることです。肝臓は、食べ物から作られたエネルギーを貯蔵し、必要に応じて体へと送り出す役割を担っています。また、アンモニアなど食べ物に含まれている毒性のある成分の解毒もおこなっています。したがって肝機能障害になると、体はエネルギーを十分に使うことができなくなりますし、毒性のある成分によって体調不良を起こしやすくなります。これを防ぐためには、肝機能障害にならないように、肝臓を労わる生活をすることが大事とされています。たとえば、エネルギーとなる脂質や、アンモニアとなるアルコールの摂取を控えると、肝臓は酷使されなくなりますし、それによって機能も保たれやすくなるのです。肝臓の機能が保たれれば、日々を健康体で過ごしやすくなります。

肝臓を労わる健康食品

しかし、ライフスタイルによっては、脂質やアルコールの摂取を控えることが困難な場合もあります。そしてそのような人の多くが、摂取しても肝臓が守られるような健康食品を利用しています。具体的にどのような健康食品が有効なのかというと、まずは食物繊維やクエン酸を摂取できるドリンクやサプリメントです。食物繊維には、脂質の吸収を抑える作用がありますし、クエン酸には代謝量を増やし脂質の燃焼を促進する作用があるのです。脂質が吸収されにくくなったり、燃焼されやすくなったりすれば、それだけ肝臓の負担は減ることになります。また、オルニチンのサプリメントもよく飲まれています。オルニチンは解毒を助ける働きをする成分なので、摂取することでやはり肝臓の負担が少なくなるのです。肝機能障害を比較的手軽に防ぐことができるため、これらの健康食品には高い人気があります。

γ-GTとサプリメント

背広の男性

血液検査を受けて肝機能障害と言われたときにはγ-GTの値に注意が必要です。γ-GTが高値を示しているときにはお酒が原因であることが多く、お酒をやめると治ることがよくあります。しかし、お酒がやめられないときにはサプリメントを使うと良いでしょう。お酒を続けても肝機能障害を克服できるとして人気があります。

View Detail

肝臓が弱ったらする食事

サプリメント

肝機能障害になってしまうとあらゆるものの代謝が負担になるようになり、エネルギーも貯蓄できなくなってしまいます。少しずつ分けて食事をすると負担を軽減することができると知っておくことは大切です。また、寝る前の夜食をとると朝まで肝臓にエネルギーを供給し続けることができて元気になっていけるでしょう。

View Detail

肝臓と健康食品

老夫婦

現在では、高脂肪食による肝機能障害が増えています。肥満に併発するケースも見られるため、今後は肥満の検査と合わせて肝臓をチェックする血液検査が求められていくでしょう。肝機能対策の健康食品は、肝臓の解毒機能をサポートすることから人気です。

View Detail